• 印刷する

ECの平均決済額、6月が最多の440リンギ

マレーシアの電子商取引(EC)について、通年で取引1件当たりの決済額(平均)が最も高くなるのは6月だと分かった。6月の決済額は440リンギ(約1万1,500円)で、最も低くなる12月(同205リンギ)の約2倍となった。ポーランドのインターネット関連会社、ピコディドットコムの調査を基に20日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーが伝えた。

平均決済額が400リンギを上回ったのは6月のみ。以下、5月(366リンギ)、3月(337リンギ)、1月(332リンギ)、4月(309リンギ)が続き、1年を通してみると、上期に1回当たりの決済額が高くなる傾向があった。一方、取引件数は11月と12月が最も多く、ともに全体の10%強を占めた。

取引件数を用途別に見ると、「食品の宅配」が最も多く、以下、「旅行」「衣類」「化粧品・香水」「スポーツ用品」が続いた。

利用する端末は、パソコンが68%、スマートフォンが31%、タブレット端末が1%。端末ごとの平均決済額は、タブレットが最も高い339リンギで、スマホが314リンギ、パソコンが284リンギだった。

スマホによる平均決済額をOS(基本ソフト)別に見ると、アップルのiOSが361リンギ、グーグルのアンドロイドが311リンギだった。

ECを最も利用するのは25~34歳で全体の51%を占めた。以下、18~24歳(同24%)、35~44歳(15%)が続いた。性別では、女性が58%、男性が42%だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

今年成長率マイナス0.1%、世銀が下方修正(15:55)

テイクオフ:インドネシア・バリ島に…(03/31)

景気刺激策、企業から不満噴出 給与肩代わりは条件や金額に批判(03/31)

RM1=24.8円、$1=4.34RM(30日)(03/31)

原産地証明の申請、活動制限令中でも可能に(03/31)

マレーシア企業、オクバウで送電線建設受注(03/31)

活動制限令中の操業許可、27日時点で2732社(03/31)

給与計算する社員の出社、31日か1日は許可(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン