労働党敗因は一貫性欠如、党内分裂も表面化

オーストラリアで18日に行われた連邦総選挙で、最大野党労働党が政権奪還に失敗した背景として、複数の要因が指摘されている。特に、インドの複合企業アダニ・グループによるクイーンズランド(QLD)州ガリリー盆地のカーマイケル炭鉱開発プロジェクトに対するショーテン党首の…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

豪住宅価格、新型コロナで最大20%下落か(17:02)

RBA、「マイナス金利には踏み込まない」(17:02)

【BOPビジネス解剖】農村部で電力を「共有」へ 起業家の挑戦(上)IoT活用で(04/02)

テイクオフ:あらゆることがオンライ…(04/02)

豪不良債権、最悪1220億$に? 4大銀の最悪ケース想定(04/02)

豪政府、大型支援策で来年債務1.5兆$に(04/02)

給与補助策、不公平なケースも=中小企業(04/02)

豪の飲食業界、規制緩和導入で雇用死守へ(04/02)

豪で食品買いだめ沈静化?次は酒類に殺到(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン