• 印刷する

ヤマハ発、インドで二輪生産が累計1千万台

ヤマハ発動機は17日、インド子会社インディア・ヤマハ・モーター(IYM)の累計生産台数が1,000万台に達したと発表した。

インドでの生産は1985年に開始した。現在は、北部ウッタルプラデシュ州スラジプール、同ハリヤナ州ファリダバード、南部チェンナイの3工場で二輪車部品の製造と完成車の組み立てを行っている。

ヤマハ発動機は、国内市場が年間2,100万台規模のインドを重点地域の一つに位置付け、販売台数の拡大を目指している。インド自動車工業会(SIAM)によると、IYMの2018/19年度(18年4月~19年3月)の国内販売は前年度比1.5%増の80万4,682台だった。

1,000万台達成の記念式典=14日(ヤマハ発動機提供)

1,000万台達成の記念式典=14日(ヤマハ発動機提供)


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

テイクオフ:当地の2千ルピー(約3…(02/27)

車両ビジネスに新業態 新興各社、リースから融資仲介へ(02/27)

フォード、SUV「エンデバー」の新型発売(02/27)

配車市場は369億米ドル、年平均13%拡大へ(02/27)

コルカタ港運営会社、保有地のリースを計画(02/27)

スパイスジェット、エビ専用の貨物便を運航(02/27)

ムンバイ―プネの高速道、IRBが運営継続(02/27)

ブルースターが南部に新工場、21年に稼働(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン