1QのGDP成長率0.6% 約10年ぶりの低さ、成長予測維持

香港政府は17日、2019年第1四半期(1~3月)の域内総生産(GDP、修正値)成長率が実質で前年同期比0.6%だったと発表した。前四半期(18年10~12月、修正値)から0.6ポイント鈍化し、09年第3四半期(7~9月、マイナス1.7%)以来の低水準となった。米中貿易摩擦の過熱に伴…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融運輸小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

21日午前7時から抗議活動か、金鐘周辺で(18:10)

情報・通信業の失業率上昇、貿易摩擦が影響(15:55)

住宅市場へのデモ影響は軽微 大手幹部が言及、長期的に楽観(06/20)

政治混乱、早期収束なら住宅値上がりへ(06/20)

民間住宅の設計図案、4月は18件に認可(06/20)

学生会、改正案撤回しない場合は21日に行動(06/20)

中国、香港問題議論けん制=米との首脳会談で(06/20)

3~5月の失業率、14期横ばいの2.8%(06/20)

大幅続伸、28000に戻す=香港株式(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン