対印投資、米中摩擦回避で急増 18年は3.6億ドル、今年も上積みへ

米中貿易摩擦を背景に、台湾企業のインド進出が加速している。台湾政府系貿易振興機関、中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)の黄志芳董事長はこのほど訪問先のインドで、2018年の台湾資本の対インド投資額が過去最高の3億6,000万米ドル(約398億円)に達したことについて、…

関連国・地域: 台湾インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもの頃、共働きの両…(06/17)

工作機械輸出、7カ月連続減 5月は8%減、メーカー各社も減収(06/17)

JDI支援1社見送り、代替出資確保へ再交渉(06/17)

聯発科技、20年3月に5G向けSoC量産へ(06/17)

パネル友達、後工程の台湾移管を検討(06/17)

英業達董事長、「ノートPC全量台湾生産も」(06/17)

電子業界、ハイエンド生産ラインは台湾へ(06/17)

交通部、5G周波数の割り当て計画を提出へ(06/17)

台湾電子機器アクベル、ラグナ工場を拡張(06/17)

ヒエップフオック火発、ガス燃料に改造中(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン