緑地、安徽省宿州でサイエンスパーク着工

上海市に本拠を置く中国不動産開発大手の緑地控股集団(緑地集団)は15日、安徽省宿州市でサイエンスパークの建設に着手したと発表した。人工知能(AI)ビジネスに携わる研究機関や企業の誘致などを進める。ネットメディアの澎湃新聞が16日伝えた。 長江デルタエリアを一体化発…

関連国・地域: 中国-安徽
関連業種: 建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

19年の訪問客は14%増、中国人がけん引(01/27)

シアヌークビル空港、年央までに滑走路延伸(01/27)

団体旅行禁止、東南ア経済に打撃も(01/27)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/27)

新型肺炎の監視強化続く 発症者8人、武漢便運休も要警戒(01/27)

アマタ会長=日系をミャンマーに誘致したい(01/27)

新型肺炎の死者56人に、上海と河南でも(01/27)

新型肺炎で武漢便の運航が停止、ミャンマー(01/27)

新型肺炎死者56人、武漢の邦人は希望者帰国へ(01/27)

国内航空会社の武漢便を全便運休に=運輸省(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン