債務管理室を設置、起債管理を統括

マレーシア財務省は15日、連邦政府が抱える債務の見直しと管理を担当する「債務管理室」(DMO)を設置すると発表した。 債務管理室の設置方針は、昨年11月の2019年度予算案発表時に示されていたもので、連邦政府と全ての法定機関、および政府の特別目的会社(SPV)による起…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレー語とインドネシア…(12/11)

3大仮想通貨がそろい踏み 英系ルノ、年内にもリップル取引(12/11)

ニッコンHD、ヌ州に倉庫設置(12/11)

日系企業向け講演会を開催、日本公庫(12/11)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(10日)(12/11)

豪ライナス、粉砕浸出施設を本国に移設(12/11)

テスコ、タイ・マレーシア事業を見直しへ(12/11)

ペトロナス、子会社3社の株式一部売却(12/11)

来年の成長率予測を4.5%に下方修正、世銀(12/11)

エアアジアに資金注入、事業拡大へ(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン