• 印刷する

WeWork、マレーシアに初進出

コワーキングスペース(共用オフィス)を運営する米ウィワーク(WeWork)が15日、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)に進出した。今年中に国内2カ所目の施設を開業する計画。16日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

ウィワークは、KL中心部のスルタン・イスマイル通りのオフィスタワー「エクアトリアル・プラザ」に入居した。5フロアを占めて、東南アジア地域では最大級の施設となる。同地域での展開は、マレーシアが6カ国目。

年内にはミッドバレーシティー(KL)に2カ所目のコワーキングスペースを設ける計画で、バングサ(同)やスランゴール州プタリンジャヤへの進出も視野に入れる。

ツロチャス・ファド・マネジングディレクター(東南アジア担当)は、「IT企業では、オフィスをグローバルに設けるケースが増えている」と指摘。全世界の会員のうち3割は法人契約で、一部の会員からマレーシアでの開業を求める声があったという。

ファド氏によれば、コワーキングスペースへの入居はIT企業にとどまらず、サービス業、メディアでも増加傾向にある。「石油・ガス業界など、さまざまな業種が関心を示している」と話し、需要の広がりを説明した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

地下経済からも徴税へ GDPの4分の1、SST拡大も(10/18)

来年の最低賃金見直し、与党議員が提言(10/18)

外国人労働者割合、来年めどに15%に(10/18)

過去4年半の自己破産は8万人、7割は男性(10/18)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(17日)(10/18)

インソン最大の受注、南米企業から50億ドル(10/18)

高速道路PLUS、実業家が新たな買収提案(10/18)

サウジ航空、ジッダ線にドリームライナー導入(10/18)

MRTコープ、線路点検で英アラップと契約(10/18)

ICT産業の粗付加価値、18年は7%増(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン