GDP成長率、1Qは4.5% 農業の急回復と家計消費が下支え

マレーシア中央銀行が16日発表した2019年1~3月期(第1四半期)の国内総生産(GDP)成長率は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比4.5%だった。前期の4.7%からは鈍化した。供給側では鉱業以外の産業が伸長し、特に農業の急伸が下支えした。需要側では公共支出が依然低…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ゴム農園の6割が栽培放棄、収益低下で(12:04)

テイクオフ:8月に長男を出産し、新…(10/16)

新自動車政策、年内発表へ 恩典明文化されるか焦点(10/16)

トヨタ、カローラアルティス新型モデル発売(10/16)

超富裕層への課税強化、1億リンギの税収増(10/16)

政府債務保証に上限設定、監査局が提言(10/16)

M&A取引件数、20年は221件に増加予測(10/16)

会社委員会の登記番号、11日から12桁に(10/16)

ペトロナスケミ、サイパークとごみ発電へ(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン