• 印刷する

証券委、事業継続性に関する指導原則を公表

マレーシア証券委員会(SC)は14日、資本市場参加者の事業継続性に関する指導原則を公表した。指導原則は、企業の事業継続性管理に対するSCの期待事項を列挙したもので、非常時における重要サービスの適時性と継続性の確保、事業に支障を来した場合に果たすべき義務の確認を目的としている。

産業界の意見を聴取して策定され、具体的には、◇事業継続性の確保に向けた取締役会や幹部経営陣の責任◇リスク認識の重要性◇リスクベースの回復戦略――など6つの重点分野に焦点を合わせた内容となっている。

SCは「事業継続性管理のアプローチは広範囲のシステムリスクの可能性を軽減する上で役立つ」とした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サウジ航空、ジッダ線にドリームライナー導入(10/18)

MRTコープ、線路点検で英アラップと契約(10/18)

テイクオフ:日本での新聞記者時代、…(10/17)

東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

千代田化工、契約先が損害賠償増額求め提訴(10/17)

環ボルネオ高速道、来年1Qに3工区の入札(10/17)

宅配GDEX、ベトナム同業の株式50%取得(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン