• 印刷する

首都GIIAS、四輪25ブランドが参加表明

セブン・イベンツとガイキンドは首都郊外で開催するGIIASについて記者会見を開いた=14日、ジャカルタ(NNA撮影)

セブン・イベンツとガイキンドは首都郊外で開催するGIIASについて記者会見を開いた=14日、ジャカルタ(NNA撮影)

インドネシアのイベント会社アラマ・トゥジュ・プルジュアンガン(セブン・イベント)は14日、7月18~28日に首都郊外で開催する自動車展示会「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」について、現時点で四輪25ブランド、二輪11ブランドと、300以上の部品メーカーが参加を表明していると発表した。ジャカルタ郊外のバンテン州南タンゲランの国際展示場「インドネシア・コンベンション・エキシビション(ICE)」が会場となる。

四輪25ブランドの内訳は、乗用車がアウディ、BMW、ダイハツ、ダットサン、東風小康汽車(DFSK)、ホンダ、現代自動車、いすゞ、レクサス、マツダ、メルセデス・ベンツ、ミニ、三菱自動車、日産自動車、ルノー、スズキ、トヨタ、フォルクスワーゲン、上汽通用五菱汽車(SGMW)で、商用車が第一汽車(FAW)、日野、いすゞ、三菱ふそう、タタモーターズ、UDトラックス。

二輪11ブランドはベネリ、ハーレーダビッドソン、ホンダ、カワサキ、キムコ、KTM、ノゾミ、ピアジオ、スズキ、ベスパ、フィアル。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)のヨハネス会長は「昨年のGIIASの成約額は7兆ルピア(約531億円)に達した。今年は昨年を上回る額を目標とする」と述べた。

今年のGIIASは、3月29日~4月7日に開催された東ジャワ州スラバヤを皮切りに開幕。ジャカルタ郊外の後は、9月に南スラウェシ州マカッサル、10月に北スマトラ州メダンでも開催する。

ガイキンドは今年の自動車の目標販売台数を110万台に設定しており、このうち40~43%を上半期(1~6月)に達成したいとしている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/18)

日本M&Aセンター、駐在員事務所を開設(10/18)

国営ガス、スラバヤのLNG基地を近く着工(10/18)

三菱自、トライトン1747台を自主回収(10/18)

ゴジェックと動画・食品で提携 クールジャパン、5千万ドル出資(10/18)

インドネシアとCEPA合意 来年発効、鉄鋼・自動車に恩恵(10/18)

来年の州・地域最低賃金、8.51%引き上げへ(10/18)

8月二輪車輸出台数8万台、単月で過去最多(10/18)

豪議会、インドネシア・香港とのFTA批准へ(10/18)

国営電力、EV充電施設の普及で20社と覚書(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン