• 印刷する

李嘉誠氏、植物肉の米国企業に追加出資

香港を代表する大富豪、李嘉誠氏が率いるベンチャーキャピタル(VC)のホライズンズ・ベンチャーズ(維港投資)はこのほど、米国のフードテックスタートアップ企業、インポッシブル・フーズ(Impossible Foods)に追加投資した。

インポッシブル・フーズは14日、既存投資家の維港投資とシンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスが率いるシリーズE投資ラウンドで、3億米ドル(約329億円)を調達したと明らかにした。今回調達した資金を投じて、米カリフォルニア州オークランドにある工場の雇用や生産能力増強をはじめとする事業拡大を加速する。インポッシブル・フーズがこれまでに調達した資金は計7億5,000万米ドルを超えた。

インポッシブル・フーズは2011年創業。植物由来の代替肉を使った「インポッシブル・バーガー」は、アジアでは香港、シンガポール、マカオのレストランで提供されている。15日付信報によると、このうち、昨年進出した香港とマカオでは150店近い飲食店が扱う。米国では、高級ハンバーガーチェーン最大手のレッド・ロビンやファストフード大手のバーガー・キングのメニューにも加わった。


関連国・地域: 香港シンガポール米国
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「なぜ香港の空調には暖…(12/11)

小売業界、6000人弱解雇か 団体調査「業況は過去最悪」(12/11)

行政長官、14日北京へ=習主席と会談か(12/11)

覆面禁止法、再び無効に=香港高裁判断(12/11)

過激派が「一時休戦」、地下で態勢回復か(12/11)

3Qサービス業収益指数、4部門で2桁下落(12/11)

輸出の減少幅、11月は縮小も=貿易発展局(12/11)

11月の民間求人、前年比3割超減(12/11)

貿発局主催の展示会、下期はバイヤー2割減(12/11)

恒例の工展会が開幕、警備を強化(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン