• 印刷する

航空各社、中国人客増で大型機投入

台湾を訪れる中国人旅行客の増加に伴い、中国と台湾の各航空会社が大型機の投入や増便などに動いている。15日付工商時報などが伝えた。

今年3月に台湾を訪れた中国人旅行客は、前年同月比54.6%増の約30万5,000人、4月も45.9%増の約22万9,100人に上った。

こうした状況を受け、中国南方航空は、7月から台北―広州線に大型機のボーイング「B777」を、台北―上海線にエアバス「A330」を投入する予定。座席数は現在に比べ毎便78~88席増えることになる。南方航空は2016年3月まで中台路線に「B777」を使用していたが、旅行客が減少したため比較的小さい機体に変更していた。

上海航空は6月8日から台北松山―上海線に「B787―9」を投入。毎週月、火、木、土の便に使用し、座席数は現行の「A321」に比べ100席増えて285席となる。

一方、中華航空は以前から北京、上海、広州、深センと台湾を結ぶ路線でそれぞれ大型機を使っていたが、今年からは台北―無錫線でも「A330」を投入した。

台湾を訪れる中国人旅行客は、蔡英文政権発足後に減少したが、最大野党・中国国民党が大勝した昨年の統一地方選挙以後、徐々に回復している。4月に運航された中国と台湾を結ぶ路線は週626便で、前年同月の612便、17年同月の584便を上回った。5月には週の運航数が最大633便に達し、国民党政権時の最大運航数である週680便に迫る勢いだ。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾では5月20日に新…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

中華電信独立董事候補、AI研究の杜奕瑾氏選出(05/22)

4月のスマホ販売台数、前月比4.2%増(05/22)

台湾の旅行会社未払い、地元業者が支援要請(05/22)

中古車買い替え補助要求、車両委員会(05/22)

医療機器の台生材、6月にグレタイ上場(05/22)

嘉泥、中台で子会社売却など資産活性化(05/22)

公平会のセメント5社処分、業界団体が反発(05/22)

4月の訪日台湾人客数、2カ月ぶりマイナス成長(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン