• 印刷する

航空各社、中国人客増で大型機投入

台湾を訪れる中国人旅行客の増加に伴い、中国と台湾の各航空会社が大型機の投入や増便などに動いている。15日付工商時報などが伝えた。

今年3月に台湾を訪れた中国人旅行客は、前年同月比54.6%増の約30万5,000人、4月も45.9%増の約22万9,100人に上った。

こうした状況を受け、中国南方航空は、7月から台北―広州線に大型機のボーイング「B777」を、台北―上海線にエアバス「A330」を投入する予定。座席数は現在に比べ毎便78~88席増えることになる。南方航空は2016年3月まで中台路線に「B777」を使用していたが、旅行客が減少したため比較的小さい機体に変更していた。

上海航空は6月8日から台北松山―上海線に「B787―9」を投入。毎週月、火、木、土の便に使用し、座席数は現行の「A321」に比べ100席増えて285席となる。

一方、中華航空は以前から北京、上海、広州、深センと台湾を結ぶ路線でそれぞれ大型機を使っていたが、今年からは台北―無錫線でも「A330」を投入した。

台湾を訪れる中国人旅行客は、蔡英文政権発足後に減少したが、最大野党・中国国民党が大勝した昨年の統一地方選挙以後、徐々に回復している。4月に運航された中国と台湾を結ぶ路線は週626便で、前年同月の612便、17年同月の584便を上回った。5月には週の運航数が最大633便に達し、国民党政権時の最大運航数である週680便に迫る勢いだ。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

遠東航空の董事長、一転して「運営継続」(12/13)

機能性とサステ素材が強み 台湾・繊維イノベーション(3)(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

達興材料が台中に新工場、封止材を生産(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

群創のスマホ用タッチパネル、日系が採用(12/13)

欣興電子、中台で基板用ABFの生産拡張へ(12/13)

米HP、台湾のノートPCシェア1割超目標(12/13)

ゴゴロの電池利用二輪車、販売シェア26%(12/13)

石化の長春集団、環境対応策を推進(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン