• 印刷する

最低賃金引上げ、労働生産性を上回るペース

国際通貨基金(IMF)は13日、韓国の経済政策に対する定期的な分析結果をまとめた報告書を公表し、韓国の今年の最低賃金引き上げ率は労働生産性の向上率より大きいと指摘した。

最低賃金は2018年に16.4%、今年も10.9%、それぞれ引き上げられた。IMFは韓国の平均賃金比の最低賃金が46%に上る見通しで、経済協力開発機構(OECD)平均(41%、17年)を上回り、未熟練労働者の雇用に影響を与えかねないと懸念した。 

雇用に対するマイナス効果を緩和するため、来年の最低賃金の引き上げ率は労働生産性の増加率より小さくする必要があると主張。また、韓国経済が成長するためには製造業の多様化とサービス分野の自由化が重要と強調した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国企業で働いていた頃…(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

アシアナ売却、HDCに交渉権 航空業界に再編の波も(11/13)

現代自、10月の販売台数7737台で首位(11/13)

失業給付金の支給額、過去最高を記録(11/13)

20年の経済見通し、大手が「冬の時代来る」(11/13)

成長滞る中堅企業、規制強化も一因(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

現代自、ロードノイズを音波で低減へ(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン