• 印刷する

18年成長率は7.5%、ムーディーズ

米大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、2018年のカンボジアの実質国内総生産(GDP)成長率が7.5%だったと指摘した。クメール・タイムズ(電子版)が13日伝えた。

ムーディーズは「輸出の拡大と観光業の成長、海外からの投資流入がカンボジアの成長を後押しした」と説明。今後も力強い成長が続くと予想した。

懸念材料としては、欧州連合(EU)が関税優遇措置の停止に動いていることを指摘。このほか、銀行融資の拡大が名目成長率の2倍前後の水準になっていることが、経済と金融の安定を脅かすリスク要因になるとの見解を示した。

ムーディーズは、カンボジアの政府債務の格付けを投機的水準である「B2」、19年の見通しを「安定的」で据え置いている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイPTT、カンボジアの原油輸出に関心(10/15)

労働組合法の10条項改正、閣僚評議会が承認(10/15)

地雷・不発弾の死傷者、1~10月上旬は66人(10/15)

20年の経済成長はやや減速、世銀予測(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

中銀とメイバンク、電子送金業務などで提携(10/14)

台湾の陽明海運、カンボジア含む路線新設(10/14)

日立の昇降機、21年度までにシェア25%目標(10/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン