• 印刷する

テイクオフ:娘の通う学校で、AI(…

娘の通う学校で、AI(人工知能)についての授業があった。その活用例として、企業のオンライン窓口で受け付けた質問をAIが理解し、自動的に回答するケースなどが挙げられたそうだ。

授業ではまた、今後AIが活用される分野はさらに広がり、将来は個人の生活上の判断もAIが支援する可能性がある、と習ったとか。より多くの選択肢を比較すれば、より適切な判断が下せるという意味かもしれないが、人間が考えることを放棄するようでうすら寒い。

旅行先を決める際に、ネットを使うことはよくある。しかし人生の岐路で行末を決める時に、AIの助言を仰ぐ時代が来るのだろうか。思わず娘には「AIに頼らずとも、さまざまな状況を想定できる力を身に付けることが必要」と諭したが、時代に即したアドバイスだったのか。それこそAIに聞いてみたい。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国では共働きする親が…(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

華為、豪で新高速WiFiサービス提供へ(05/24)

NABもアップルペイ、豪4大銀で3行導入(05/24)

〔政治スポットライト〕新労働党は企業重視に=アルバニージ議員(05/24)

労働党、QLD州上院議席獲得は1席のみか(05/24)

豪準備銀1.0%に利下げ見通し、効果は小?(05/24)

BHP、石炭から銅・ニッケルに重点移行(05/24)

ケンブラ港の輸入LNG、電力大手が契約(05/24)

加企によるヘルススコープ買収、全株主が支持(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン