《知財》華為とサムスンが和解、スマホ特許権訴訟

【香港共同】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が韓国サムスン電子の中国現地法人を相手取り、第4世代(4G)スマートフォンに関する特許権を侵害されたとして起こしていた訴訟は14日までに、広東省高級人民法院(高裁)で和解が成立した。特許ライセンスに関する合意…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:景気減速の逆風も何のそ…(11/13)

空港数、過去10年で1.5倍 238カ所に増加、利用者は3倍に(11/13)

「双十一」当日の取引額、アリババは4兆円(11/13)

「双十一」の宅配量、5億件超で記録更新(11/13)

中国長城汽車、インド法人をグルガオンに設立(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

習氏「相互利益の成功例」、買収の港湾視察(11/13)

順天医薬、上海医薬に脳梗塞薬の開発権付与(11/13)

貧困地区の所得拡大、政府が強調(11/13)

小売店、電力値上げで節電対策に苦慮(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン