台電設備の運転延長、環保署は補足資料を要求

公営電力企業の台湾電力(台電)が桃園市観音区にある大潭火力発電所7号機の設備の運転期間延長を申請したことをめぐり、台湾の行政院環境保護署(環保署)は13日、期間延長に伴う大気汚染物質の排出量などに関する補足資料を提出するよう同社に求めた。環保署の専門チームは7月…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

海外でマスク生産検討、シャープ(04/02)

電源設備デルタ、インドと越に子会社設立(04/02)

工業富聯の19年通期、10%増益(04/02)

テイクオフ:台湾では現在、隔離対象…(04/01)

台北繁華街の空室率が上昇 新型コロナで、賃料は4割下落も(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン