• 印刷する

《日系進出》大成ラミックが韓国支店新設

包装フィルムを製造・販売する大成ラミック(埼玉県白岡市)は韓国ソウルに支店を新設した。海外拠点は米国、マレーシアに次ぐ3カ国目。液体充填(じゅうてん)機のデモルームを併設し、迅速に対応するサポート体制を整えて販売拡大を目指す。

ソウル市松坡区に設立し、今月8日に営業を開始した。従業員は現在日本人駐在員2人を含めて3人で、今後現地での採用を増やしていく予定だ。

韓国ではコンビニエンスストア向けに麺類や弁当の液体スープなどに使うフィルムの需要が拡大。出張ベースでは対応が難しくなっていた。

大成ラミックの中島宏明管理本部副本部長はNNAの取材に「韓国では高機能包装フィルムのニーズが高まっている。ソウル支店を通じて販路を拡大していきたい」とコメントした。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 食品・飲料その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国はカフェ天国だ。街…(05/27)

隔週4日も、進む働き方改革 中小との格差拡大も(05/27)

在日韓国企業53%「悪影響」、日韓関係悪化(05/27)

サムスン電子副社長2人が逮捕、粉飾決算で(05/27)

2年目有給手当、企業負担に=労基法改正後(05/27)

公取委、中堅企業に「公正な経済」呼びかけ(05/27)

スマート工場化の中小企業、生産性30%向上(05/27)

韓国政府、ICT企業の越進出を積極支援(05/27)

「モビリティーに全力」、現代自の鄭副会長(05/27)

韓国IT企業が進出、システム構築提供へ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン