• 印刷する

テイクオフ:フィリピンで中間所得層…

フィリピンで中間所得層向けの住宅需要が伸びている。国内総生産の1割を稼ぎ出す、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)が成長を支えているといわれる。

隣国インドネシア、少なくとも妻の出身地のバリ島も状況は似ている。日本などで働き、ためたお金を地元に持ち帰り、家を建てたという話はよく聞く。自分もその一人になるのだろうか。妻の実家のある村に購入した土地に、最近家を建てた。

家を建てたはよいが、中は空っぽ。ということで、妻は数カ月、新しい家に住み、少しずつ家具や家電品をそろえている。「マニラに早く帰ってこい」と言ってみるものの、妻が出た後の家に誰が住むのか。義母も一緒に住んでいるが、妻がいなくなれば、幼い子ども2人を持つ義兄夫婦も同居するだろう。海外で1人働き、郷里に住む妻を養うのが、出稼ぎの正しいあり方かもしれない。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

政府、19年成長率6.0~6.5%に下方修正(12/13)

中銀が政策金利据え置き、2会合連続(12/13)

20年度予算案が両院委通過、年内成立へ(12/13)

東京製綱、駐在員事務所を設立(12/13)

全日空、日本人学校生徒に航空教室開催(12/13)

水道2社が契約見直し提案、政府が精査へ(12/13)

カリワダム建設、予備作業に着手(12/13)

ロッテ七星飲料、ペプシ現法にTOB(12/13)

ユニオン銀、AI導入でシンガ金融庁と提携(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン