• 印刷する

テイクオフ:かつては食人文化もあっ…

かつては食人文化もあったニューギニア島。一部の少数民族は親族の遺体を食すことで追悼の意を表していたといわれている。しかし、村では神経機能が悪化し震えが止まらなくなる伝染病「クールー」が流行、多くの人が脳の細胞を壊され死に至った。後の研究で、狂牛病の原因と同じ感染因子プリオンに汚染された脳を食べたことで感染が広がったと断定された。

……という話を聞いて入ったのは、北ジャカルタの中華火鍋店。運ばれてきた豚の脳。その迫力に息を飲むが、白子のような柔らかな食感が意外と口に合う。

脳料理でいえば、スマトラ島パダンにも牛の脳をカレー風味のスープに入れたグライ・オタックという名物料理がある。豚や鶏がプリオン感染した事例は報告されていないが、牛の脳は特定危険部位にも指定されている。世界一とも賞されるパダン料理は、リスクも世界一かもしれない。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都警察、二輪車用の監視カメラを来年導入(20:16)

中国からの投資にはリスクあり、KPK警告(20:43)

テイクオフ:大学生の娘に、手持ちの…(12/09)

19年選挙の副作用、国論二分 本名純教授が2期政権の動向分析(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ガルーダ航空、社長代行にフアド取締役(12/09)

パティンバン港周辺開発の調査、日本に依頼(12/09)

首都の第2外環状道路、一部区間が完成(12/09)

石化大手、ポリエチレン工場を開所(12/09)

旭化成、結晶セルロースのハラル認証を取得(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン