• 印刷する

地場二輪配車アンカス、6月から試験運行

フィリピンの運輸省はこのほど、バイクの配車アプリを提供するアンカスが、6月上旬からマニラ首都圏とセブ都市圏(メトロセブ)で試験運行を行うことを承認したと発表した。バイクタクシーの合法化に向け、安全性と収益性を検証する。期間は半年間で、現在アンカスに登録している2万7,000人のライダーがサービスを提供する。

料金体系は、首都圏では乗車時から2キロメートルまでが50ペソ(約105円)で、7キロまでは1キロごとに10ペソ、7キロ以降は1キロごとに15ペソを加算する。メトロセブでは、1キロまでが20ペソ。8キロまでは1キロごとに16ペソ、8キロを超えると1キロごとに20ペソ加算する。需要が多い時間帯には、1.5倍の料金を設定する。

また、運輸省が発表した試験運行のガイドラインは、1日当たりの走行時間の上限を10時間と定めている。制限速度は時速60キロ。ライダーは保険の加入が必須で、ライダー、乗客ともに基準に適合したヘルメットの着用を義務付けた。

アンカスのアンジェリーン・タム最高経営責任者(CEO)は声明で、「試験走行により、合法化に向けた法案が議会を通過することを期待する」とコメントした。

運輸省はこれまで、道路交通法(共和国法第4136号)第7条により「二輪車は公共サービス用として登録できない」として、安全上の問題からバイクタクシーを認めない姿勢をとってきた。しかし、昨年12月にバイクタクシー合法化に向けた技術作業部会(TWG)を結成し、調整を進めている。道路交通法の改正案は今年2月に下院を通過した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

知財局、国際調査・予備審査業務を開始(15:48)

「第3の通信会社」、買収で事業免許取得(15:48)

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

労働のみの請負を厳格禁止へ 上院で法案可決、6月成立も(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

ADBが鉄道に27.5億ドル融資、過去最大(05/24)

税制改革再考訴え続ける、日本人商工会会頭(05/24)

フィッチが成長率を下方修正、米中摩擦考慮(05/24)

財閥DMCI、石炭など主力不振で26%減益(05/24)

三菱商事がアヤラ株一部売却、出資6%に(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン