• 印刷する

LS電線、ベトナム工場の拡大移転を検討

韓国電線大手、LS電線がベトナムの生産工場の拡大移転を検討していることが13日、分かった。ベトナムの電線市場は政府の電力インフラ拡充や外国人投資、建設需要の増加によって拡大が続いている。さらなる生産力の増強を通じて、旺盛な電線需要を取り込む。

LS電線の子会社で、ベトナムに生産法人を持つLS電線アジアの広報担当者によると、1996年にベトナム・ハイフォン市に設立した電線工場が老朽化したため、付近に16万5,000平方メートルの敷地を確保して新たな工場を建設する計画。拡大移転が完了すれば、電線の年産規模は現在の倍以上に増強するという。

LS電線アジアは4月に、同市で電線素材工場の増設工事を終えたばかり。同社の現在の生産能力は年10万トンで、ベトナムの電線素材需要の約半分とされる。

LS電線アジアはベトナム現地に、電線と電線素材を生産するLSビナと光ケーブルなどを生産するLSビナケーブル&システムの2社を保有している。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

SKT、5G単独通信網でデータ送信に成功(12:30)

テイクオフ:韓国Kリーグで活躍する…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の訪日韓国人26%減 日韓対立で五輪イヤーに不安も(01/20)

政策金利1.25%、2度目の据え置き(01/20)

韓国現代系がマンゴー加工工場、輸出も開始(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

19年の韓国企業間M&A、景気低迷で12%減(01/20)

日本人の海外旅行者、2千万人突破(01/20)

現代自、製品販売サイトを開設(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン