• 印刷する

LS電線、ベトナム工場の拡大移転を検討

韓国電線大手、LS電線がベトナムの生産工場の拡大移転を検討していることが13日、分かった。ベトナムの電線市場は政府の電力インフラ拡充や外国人投資、建設需要の増加によって拡大が続いている。さらなる生産力の増強を通じて、旺盛な電線需要を取り込む。

LS電線の子会社で、ベトナムに生産法人を持つLS電線アジアの広報担当者によると、1996年にベトナム・ハイフォン市に設立した電線工場が老朽化したため、付近に16万5,000平方メートルの敷地を確保して新たな工場を建設する計画。拡大移転が完了すれば、電線の年産規模は現在の倍以上に増強するという。

LS電線アジアは4月に、同市で電線素材工場の増設工事を終えたばかり。同社の現在の生産能力は年10万トンで、ベトナムの電線素材需要の約半分とされる。

LS電線アジアはベトナム現地に、電線と電線素材を生産するLSビナと光ケーブルなどを生産するLSビナケーブル&システムの2社を保有している。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

スマホ発のモバイル決済隆盛 サービス領域、オフラインに拡大(05/24)

サムスン、スマホ市場首位の維持に自信(05/24)

今年の経済成長率予想を引下げ、政府系機関(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

資産総額の増加率、CJが33%でトップ(05/24)

生産禁止のフロン類、中国から飛来の恐れ(05/24)

SKハイニックス、経営評価で総合首位獲得(05/24)

市内バス公衆WiFi化事業、KTが受注へ(05/24)

19言語に拡充、カカオの翻訳サービス(05/24)

現代自系部品会社、米にEV座席シート供給(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン