• 印刷する

サムスン、インドでスマホ部品工場設立へ

韓国のサムスン電子が、インド市場でスマートフォン用のディスプレーやバッテリーパックの生産工場を立ち上げることが分かった。昨年7月に完成した年産1,000万台規模のスマホ工場(ウッタルプラデシュ州ノイダ)向けに供給するとみられる。投資額は250億ルピー(約393億円)規模に上るもよう。海外メディアが伝えた。

報道によると、サムスン電子傘下でバッテリーを扱うサムスンSDIと、パネル事業を手掛けるサムスンディスプレーがそれぞれ各インド法人を通じて新工場を設立する。サムスンディスプレーはすでにノイダ州と覚書(MOU)を締結。150億ルピーを投じ、2020年4月の完成を目指す。サムスンSDIも100億ルピー規模を投資する。サムスンSDIの完成時期や、各工場の生産能力は伝えられていない。

サムスン電子はインドのスマホ市場で長らく1強状態だったが、17年から中国のシャオミとの攻防が激しくなっている。足元の19年1~3月期のシェアはシャオミが29%と首位で、2位サムスン(23%)は劣勢に立たされている。スマホ部品の現地調達を増やし、コストを抑えて競争力を高める狙いがあるようだ。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国のお盆に当たる秋夕…(09/17)

低空飛行の日韓路線(中) 地場に逆風、路線多角化で打開へ(09/17)

Thaco、起亜工場をアップグレード(09/17)

次期大統領、知日派がトップに=世論調査(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

日韓改善へ首脳対話焦点、「機運なし」も(09/17)

TASECO、韓国ファンドに子会社株売却(09/17)

車部品イングレス、インドネシアで生産受注(09/17)

8月輸出額13.8%減、半導体と石油製品不振(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン