• 印刷する

31日を有休奨励日に追加しレバラン11連休か

インドネシア国家公務員庁(BKN)は、今年のイスラム教断食明け大祭(レバラン、今年は6月5~6日の予定)前後の長期休暇について、5月31日を有給休暇一斉消化日に追加する方針だ。現時点では連休は6月1~9日の9日間だが、5月30日が祝日(キリスト昇天祭)になることから、31日が有給休暇一斉消化日に追加されれば11連休となる。地元メディア各紙が伝えた。

BKNのビマ長官は「正式決定はまだだが、決定すれば、公務員だけでなく全国民が対象となる」と述べた。

中央銀行と証券取引所は今のところいずれも、6月3~7日の休業、休場を予定している。

昨年のレバラン(6月15~16日)では、直前に有給休暇一斉消化日を3日間追加し、当初の7連休から12連休(6月9~20日)に拡大した。これにより、有給休暇一斉消化日は2010年以降最も多い7日間となり、産業界などから強い反発を受けた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

環境省など、ヤシ農園開発の停止延長を進言(09/24)

国営建設2社に17兆ルピア 追加資本注入を国会が承認(09/24)

四輪販売MPM、中古車販売サイトを開設(09/24)

新車奢侈税減免措置、適用額は計130億円(09/24)

海底送電ケーブル、シンガポール社が投資(09/24)

印ズームカー、カーシェアリングで参入(09/24)

空港での政府アプリ利用、百万回を突破(09/24)

国鉄駅での抗原検査料4.5万ルピアに改定(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン