1Q成長率は5.6%に減速 4年ぶり低水準、予算遅れ響く

フィリピン統計庁(PSA)は9日、2019年第1四半期(1~3月)の実質国内総生産(GDP)成長率(速報値)が、前年同期比5.6%だったと発表した。15年第1四半期以来、4年ぶりに6%を割り込んだ。19年度国家予算の成立が遅れ、インフラ事業など政府支出が滞ったことが響いた…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「上の2人が実の娘で、…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

外出制限、10月も緩和継続 マニラ首都圏、経済再開探る(09/30)

大統領「辞任を提案した」、汚職に憤り(09/30)

コロナ感染新たに2025人、計30万9303人(09/30)

サービス業の全面再開を、貿産相(09/30)

クラーク空港の接続道路、工事入札を開始(09/30)

比経済回復は来年4~6月期以降、フィッチ(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン