• 印刷する

《日系進出》イオン、大型ハイパーマーケットを開業

イオンのミャンマー現地合弁会社「イオンオレンジ」は10日、同社として国内で初めてのハイパーマーケットを最大都市ヤンゴンで開店する。既に食品を中心とするスーパーマーケット14店舗を展開しているが、今後は家電売り場や飲食スペースも備えた大型のハイパーマーケット業態の店を増やし、競争力を高める。

イオンオレンジ初のハイパーマーケットは、ヤンゴン南東部のタンリン郡区に立地し、売り場面積は既存店の約3倍に相当する約2,800平方メートル。スーパーマーケットでは販売していない衣料品をはじめ、日用品や生活雑貨などを含む1万点以上の商品を備え、品目数も1.5倍に増やした。

■家電売り場や飲食スペースも

ヤンゴン近郊で最大規模となる約200平方メートルの家電売り場があり、普及が進んでいる洗濯機や冷蔵庫、エアコンなどを販売する。家電売り場には、グループのイオンマイクロファイナンスミャンマーのカウンターも設け、その場で割賦払いの手続きができるようになる。

また、イオンオレンジ店舗で初めてのオープンキッチン型デリカテッセンを配置。72席の飲食スペースを併設し、購入した商品をその場で食べられる。この先、地場ベーカリーも開業する予定だ。駐車場は、乗用車36台分、バイク44台分となる。

イオンオレンジの管理担当者である磯崎正康氏は「ミャンマーでは近代小売りがまだまだ不足しており、出店余地は大きい」と話す。

イオンは現在、ヤンゴンと第2の都市マンダレーで展開するスーパーマーケット、今回オープンしたハイパーマーケットに加え、ショッピングセンターの開業を目指し、用地選定を進めている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

ヤンゴン、市内47カ所で大気汚染を観測へ(02/21)

AFTA参加に向け貿易戦略を強化、商業省(02/21)

ヤンゴンの土地払い下げ、640件が審査通過(02/21)

次期総選挙、約100政党が争う見通し(02/21)

離島を「スー・チー島」に、地元で要望(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン