• 印刷する

KLの建設コスト、世界4番目の低さ

マレーシアの首都クアラルンプール(KL)の建設コストが世界主要都市で4番目に低いことが、オランダの建設コンサルティング大手アルカディスの調査で分かった。KLを下回るのはインドのベンガルール、ニューデリー、ムンバイだけだった。

同調査は世界100都市を対象としたもの。最も建設コストが高いのは米ニューヨークで、以下、米サンフランシスコ、香港、デンマークのコペンハーゲンが続いた。

2018年の調査でも、KLの建設コストの低さは3番目だったが、調査対象となったのは50都市だった。今年の調査では欧州、米国の50都市が新たに加わって調査対象が増えたが、リンギ安・ドル高の影響などで結果に大差はなかった。

アルカディスはマレーシア建設業界の19年の見通しについて、大型インフラ事業の見直しなどで成長は鈍化するが、政府が低価格住宅供給事業に3億6,200万米ドル(約398億円)の予算を割り当てることから、4.7%の成長が見込めると指摘。一方、最低賃金の引き上げにより、人件費が増えるとの見通しを示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まるでニンニクの英才教…(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

企業8割が来年の売上増予測 世界的な供給網見直し好機に(11/13)

20年の実質昇給率は2.9%に低下、英社調査(11/13)

来年にブルーエコノミーの調査開始、経済省(11/13)

国家運輸政策に賛否、政策の整合性に疑問も(11/13)

RM1=26.4円、$1=4.14RM(12日)(11/13)

中古車プラットフォーム「ezオート」開設(11/13)

高速道路の料金徴収、順次RFID対応へ(11/13)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(9月) 5カ国で伸び鈍化、フィリピンは3年4カ月ぶり低水準(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン