子宮頸がんワクチン不正問題、被害者に返金

海南省瓊海市博鰲鎮の医療機関、海南博鰲銀豊康養国際医院で、子宮頸がんワクチンの不正が発覚した事件で、複数の被害者が病院側から接種料金を返金されていたことがこのほど明らかになった。ニュースサイトの界面新聞が8日伝えた。 被害者は「海南博鰲銀豊康養国際医院から9,00…

関連国・地域: 中国-海南
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

武漢で邦人が重い肺炎=日本大使館(01/24)

新型肺炎で当局は行政指導、日本は警戒上げ(01/24)

企業に出張自粛広がる、新型肺炎(01/24)

武漢が交通機関停止、中国の感染者571人に(01/24)

シビル、大型インフラ受注で年商180億円へ(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

香港の中国化進めば追加格下げも、フィッチ(01/24)

マランパヤガス田、19年の生産量は微増(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン