• 印刷する

テイクオフ:「イスラムにフェミニズ…

「イスラムにフェミニズムは必要ない」――。そう書かれたプラカードを持つ女性たちの写真に目がくぎ付けになった。SNSを使って活動している有志団体だ。彼女たちは「体は神からの借り物」であるとして、一律に男女同権を叫ぶ西洋的なフェミニズムを否定している。

知人のムスリム女性も「ヒジャブ(頭を覆うスカーフ)をかぶるのはアラーとの取り決め」と話しており、権利行使よりも神のために正しく生きることを最重要視しているようだった。

これに対して、ジェネレーションY(1980~90年代後半生まれの世代)からは「フェミニズムの概念を勘違いしている」との声も上がっている。イスラム改革主義者たちは、聖典コーランの教えに従いながらも、社会的な権利拡大を求めている。宗教の考え方は一様ではないだろうが、権利を主張しても批判されない、寛容な社会の到来を願う。(祥)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

配車アプリ市場に参入相次ぐ 渋滞悪化懸念、運転手の数制限も(11/15)

現代自がEV生産、月内に契約調印=調整相(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

インドモービル子会社、韓国起亜の販売開始(11/15)

地場電動スクーター、バリ島に組立工場(11/15)

インドネシアで議員と面会、野党指導者(11/15)

自動車販売速報値、10月は9.5%減の9.6万台(11/15)

ダイハツ10月小売り、前月比19%増1.6万台(11/15)

中小企業向け融資、来年から金利引き下げ(11/15)

ブカシの新総合都市に日本の「商店街」整備(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン