北東部フアパン県の空港建設、5割が完成

ラオス北東部フアパン県サムヌア郡に建設中のノンカン新空港の工事進ちょく率が、54%に達した。年内の完工を予定している。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が7日伝えた。 工事の請負事業者によると、現在は滑走路の整備やターミナルビルの建設、空港の敷地を囲うフェンスの設…

関連国・地域: ベトナムラオス
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

通常国会が閉幕、裁判手数料法案など可決(06/27)

【ラオス経済通信】中国・ラオス第1回テロ共同演習を実施 第138回(06/27)

山東太陽紙業、広西に子会社設立(06/27)

樹木伐採に首都市民が抗議、ホテル建設で(06/26)

【新ラオス法】第5回・商業銀行法の改正について(06/26)

PVパワー、大型発電所3案件に遅れ(06/26)

タイ首相、成長持続へ5カ国の連携呼び掛け(06/26)

豚コレラの発生確認、中国とタイが禁輸措置(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン