北東部フアパン県の空港建設、5割が完成

ラオス北東部フアパン県サムヌア郡に建設中のノンカン新空港の工事進ちょく率が、54%に達した。年内の完工を予定している。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が7日伝えた。 工事の請負事業者によると、現在は滑走路の整備やターミナルビルの建設、空港の敷地を囲うフェンスの設…

関連国・地域: ベトナムラオス
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(16:33)

道路税未納車、国境越えを許さず(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

経済開発帯の創設を歓迎=瀾滄江メコン会議(02/24)

JALUXが首都空港に免税店を開設(02/21)

トンルン首相、汚職摘発強化を指示(02/21)

中ASEAN特別外相会議、きょう開催(02/20)

ラオス政府、首都の大気汚染に警戒強める(02/19)

後発3カ国の対日輸出8.7%増 19年、堅調な中に新たな課題も(02/18)

メコン川委、プラごみの流入経路を調査へ(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン