• 印刷する

「空飛ぶクルマ」ベクター、12月に初飛行

マレーシアの新興ドローン(小型無人機)サービスプロバイダー・エアロダインは、今年3月に国防省主催のランカウイ国際海事・航空宇宙展示会「LIMA19」で披露した「空飛ぶクルマ(UAM、名称:ベクター)」の初飛行を今年12月に予定している。2日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

エアロダイングループのカマルル・A・ムハマド最高経営責任者(CEO)によると、初飛行は15~20分程度を予定し、スランゴール州サイバージャヤでの一般公開も計画している。長期的には、バッテリーの性能を高めて2時間程度の飛行を可能にする見通しだ。

ベクターは、時速60キロメートルで上空50~100メートルを飛行する。有効積載量200キログラム、最大離陸積載量は600キログラムで、主に荷物の運搬などを担う。現在、マレーシア国内で試作機を開発しており、開発コストは50万リンギ(約1,347万円)という。

エアロダインは2014年の設立。日本のドローンスタートアップ特化型ファンド「ドローンファンド」から出資を受けている。

「LIMA19」でエアロダインが披露した空飛ぶモビリティー「ベクター」の模型(NNA撮影)

「LIMA19」でエアロダインが披露した空飛ぶモビリティー「ベクター」の模型(NNA撮影)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

主要港・国境の貨物輸送、4~7日のみ許可(17:13)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(18:28)

活動制限令でネット販売強化 住宅や車も、スーパーは需要急増(04/03)

日用品買い出し、10キロ圏内に制限(04/03)

RM1=24.6円、$1=4.36RM(2日)(04/03)

新規感染208人、累計3千人突破(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン