• 印刷する

外国人の就労許可、発行ルールを厳格化

フィリピン政府は、外国人の就労許可発行に関するルールを厳格化した。特別就労許可(SWP)などの発行に関するガイドラインを規定し、申請には納税者識別番号(TIN)の提出を義務付けた。6カ月未満のSWPを取得し、オンラインカジノで働き納税しない外国人が増えているため、一般的な雇用契約ではSWPを取得できなくした。2日付地元各紙が伝えた。

労働者の日(メーデー)の1日、入国管理局(BI)、労働雇用省、司法省、内国歳入庁(BIR)が合同ガイドラインを発布。SWPのほか、6カ月以上就労する場合の外国人労働許可証(AEP)、暫定労働許可(PWP)の発行について規定した。

ガイドラインによれば、SWPが発行されるのは、◇アーティスト、役者・演奏者◇一時的に滞在し、フィリピンで給与を受け取らないサービスサプライヤー◇ジャーナリスト◇学術機関などの講師、研究員◇専門家◇コンサルタント――など14職種に限定される。ベリヨ労働雇用相は「建設作業員にSWPを発行することは許されなくなった」と指摘。企業が外国人を雇用する際、半年間の試用期間にSWPを取得することもできなくなった。企業と雇用契約を結ぶ外国人にはAEPの取得を義務付ける。

専門職統制委員会(PRC)が発行する特別臨時許可(STP)を除き、SWPを含む全ての就労許可の申請にはTINの提出が必要となる。

外国人の就労許可は、労働雇用省がAEPを、BIがSWPと外国人がAEPを取得するまでのPWPをそれぞれ発行している。

労働雇用省はこのほか、1日に社会保険機関(SSS)、公務員委員会(CSC)とともに産休延長法(共和国法第11210号)の施行細則(IRR)を発布。同省傘下の海外労働者福祉局(OWWA)と技術教育技能開発庁(TESDA)は、帰国したフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)に対する技能研修の実施や、認証の発行で協力する合意覚書(MOA)を締結した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小腹がすいた昼過ぎ、ず…(11/14)

野党要人、EU・日本の大使と会談(11/14)

修正案でインフラ強化 優先事業7割、来年半ば着工(11/14)

政府インフラ事業は「惨めな失敗」=野党(11/14)

ウデンナ、シェブロンのガス田権益取得(11/14)

IT・BPM業界、予想成長率を下方修正(11/14)

民間の経済指標予測は改善、財務次官が認識(11/14)

ウデンナ、ウェンディーズの事業権取得(11/14)

電子アイオニクス、20年に1000万ドル投資(11/14)

電子決済のペイマヤ、銀行間送金を可能に(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン