悲観傾向の減退が鮮明 2Q大手景況感、貿易摩擦緩和で

香港の大手企業の間で、2019年第2四半期(4~6月)に景況感が上向いていることが、香港政府統計処の調査で分かった。悲観傾向が目立って縮小したことが特徴で、米中貿易摩擦の緊張緩和が背景の一つとみられる。調査対象となる業種のうち、金融・保険、不動産、情報・通信の3業…

関連国・地域: 香港
関連業種: その他製造金融建設・不動産運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「景気後退のリスク高い」 財政長官、警戒姿勢強める(08/23)

東亜銀、社会不安による経済圧迫を警告(08/23)

反落、政情不安懸念で売り=香港株式(08/23)

「人間の鎖」活動は39駅で、通行妨害せず(08/23)

デモ支持の壁で事件多発、警察が注意喚起(08/23)

商社ノーブル、LNGとレアアースに注力(08/23)

対話プラットフォーム構築へ、24日に会議(08/23)

長実、傘下ホテル従業員に無給休暇要求か(08/23)

シャングリ・ラ、19年中間決算は25%減益に(08/23)

ヘンダーソン、香港リスクを注視(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン