• 印刷する

チャンギ空港利用者数、3月は1%増

シンガポールのチャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)によると、3月の同空港の利用者数は前年同月比1.4%増の563万人だった。2月の4.0%増から伸びは鈍化した。

3月は東南アジアの路線で利用者が2%減少したが、日本や中国など東アジア路線が好調で5%増加した。

3月の発着便数は3万2,400便で、前年同月から横ばい。貨物取扱量は1.5%減の18万5,000トンと、3カ月連続でマイナス成長となった。

1~3月期では、空港利用者数が前年同期比4.0%増の1,640万人。発着便数は横ばいで、9万5,000便だった。

貨物取扱量は3.8%減の49万3,000トン。世界貿易の減速が響き、輸出、輸入、積み替えの全セクターで縮小した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

輸出がマイナス転換、非電子・香港向け不調(20:08)

通年の輸出額、3年ぶりマイナス成長に(19:44)

経済成長率見通し1%引き下げ、肺炎拡大で(20:08)

保険3社、新型肺炎の保障を無償提供(19:17)

ホテル稼働率5割以下、新型肺炎で(19:17)

航空機整備会社、韓国で合弁会社設立へ(19:17)

1月の民間住宅販売、前年同月比41%増(19:19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(16:40)

テイクオフ:新型コロナウイルスによ…(02/17)

感染者が入国制限前の4倍に 警戒水準維持、事業活動に支障(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン