農産物廃棄削減を、日本の物流会社が事業展開

【コルカタ共同=佐藤大介】日本の物流会社がインド東部の西ベンガル州で自社のノウハウを活用し、保管状態の悪さから廃棄される農産物を減らす取り組みを始めた。現地の食料事情の改善や農民の所得向上を図るとともに、新たな市場の開拓につなげたい考えだ。 州都コルカタ郊外シ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:事前にさまざまな予測、…(05/27)

政権2期目、改革継続に期待 モディ首相、30日に就任宣誓式(05/27)

野党総裁続投も、辞意表明も幹部会で慰留(05/27)

パキスタン首相が祝意伝達、モディ氏に(05/27)

米国が下院選勝利の首相に祝意、連携を強調(05/27)

商用車アショク、販売好調で増収増益(05/27)

車ECドゥルーム、登録販売者数が30万突破(05/27)

アダニ承認可否、QLDが6月13日まで結論(05/27)

日生、印の資産運用会社を子会社化(05/27)

外貨準備、17日時点は4180億ドルに減少(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン