農産物廃棄削減を、日本の物流会社が事業展開

【コルカタ共同=佐藤大介】日本の物流会社がインド東部の西ベンガル州で自社のノウハウを活用し、保管状態の悪さから廃棄される農産物を減らす取り組みを始めた。現地の食料事情の改善や農民の所得向上を図るとともに、新たな市場の開拓につなげたい考えだ。 州都コルカタ郊外シ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率が5%超え 約2年ぶり、タマネギ高騰影響(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

仏シトロエンは10店舗で始動、来秋にSUV(12/13)

M&M会長、二輪事業の敗因は市場選択ミス(12/13)

10月の鉱工業生産、マイナス3.8%(12/13)

ADBが成長予測引き下げ、本年度は5.1%(12/13)

政府の税収低下でGST引き上げの可能性(12/13)

〔政治スポットライト〕豪とインド、軍事支援協定締結へ前進(12/13)

ピラマル、資産運用会社と投資ファンド設立(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン