世銀が政権発足遅れを懸念 成長予測3.8%、民間投資に影響も

3月に実施されたタイの下院総選挙(定数500)の正式結果が5月9日に発表されるのを前に、世界銀行は政権発足が遅れた場合の経済への影響を懸念している。24日に開かれた記者会見で、世銀はタイの2019年の国内総生産(GDP)成長率予測を3.8%としたが、政情次第で経済成長を支…

関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/24)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

新車販売、19年は101万台 2年連続大台も20年は7%減予測(01/24)

首都圏鉄道ピンク線延伸、民間が全額投資へ(01/24)

タイ航空、老朽機との交換で新機調達推進(01/24)

シビル、大型インフラ受注で年商180億円へ(01/24)

サイアムモーターズ、ビルとゴルフ場を開発(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

首都空港の5G、放通委と空港公社が覚書(01/24)

クオリカが現法設立、東南アで事業拡大(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン