• 印刷する

ランシット大学、医療用大麻の研究所を開所

タイの私立ランシット大学は23日、医療用大麻研究所を開所した。研究所では、大麻の栽培と品種改良、医薬品開発を行う。24日付各紙が報じた。

アーティット学長によると、同大は以前から、大麻の医療分野での可能性に関心を持ち、2016年にタイで初めて保健省に研究の許可を申請。17年に研究許可が下り、他の大学などと共同で研究を進め、先ごろ研究所開設の許可を取得した。研究所開設に伴って、医薬品開発に加えて品種改良の許可も取得した。

大麻は、32平方メートルの屋内施設で、およそ50品種を栽培する。品種改良では、幅広い医療分野での利用が見込めるテトラヒドロカンナビノール、カンナビジオール、カンナビノールといった成分を多く含む品種を開発する計画。医薬品開発では、テトラヒドロカンナビノール、カンナビノールが肺がん治療に有効とみて、研究を進めている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染63人、連休前に注意喚起(25日)(02/25)

食品向け紙容器の規格、8月に義務化見通し(02/25)

倉庫公団、冷温倉庫開発で民間4団体と覚書(02/25)

今年のEC市場は2.2億ドルに、新規参入も(02/26)

1月の生産者物価0.1%低下、下落幅は縮小(02/26)

テイクオフ:「世界の新規感染者が目…(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン