• 印刷する

テイクオフ:5月1日からの新元号「…

5月1日からの新元号「令和」が、訪日リピーターが多い香港でも話題を集めている。

香港人の中には、訪日回数が軽く10回を超える人も多い。東京や大阪など大都市は買い物のため、地方都市は観光のためと渡航先の使い分けも見事。格安航空会社(LCC)の地方都市への就航も充実している。そんな中での新元号の発表は新たな動きを生んでおり、香港メディアによると、「令和」に関連する施設の観光や「平成」グッズの購入などが盛り上がっているという。これまで文化や日常生活に関する話題が大半だった学生交流でも、日本の皇室や改元が新たなテーマになっているそう。令和の由来になった日本最古の和歌集「万葉集」にゆかりのある福岡県太宰府市なども再注目されている。

今年は日本香港観光年でもある。令和元年が両地にとって新たな一歩を踏み出す年になってくれればいい。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港のガイドブックに必…(05/27)

企業の採用意欲が改善傾向 経済悪化で人材の流出率低下も(05/27)

シドニーメトロ北西線が開通 初の民営路線、無人運行(05/27)

珠江デルタは今年も2桁増収、HSBC幹部(05/27)

亜洲金融、ネット保険の事業免許を申請(05/27)

反発、米中緊張が一時緩和=香港株式(05/27)

農業発展銀が香港で社債30億元、個人向けも(05/27)

電子決済リキッド、香港の銀通とQRで提携(05/27)

中原の中古住宅指数、過去最高まで0.01%(05/27)

医師600人不足へ、海外から呼び込み=HA(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン