• 印刷する

テイクオフ:5月1日からの新元号「…

5月1日からの新元号「令和」が、訪日リピーターが多い香港でも話題を集めている。

香港人の中には、訪日回数が軽く10回を超える人も多い。東京や大阪など大都市は買い物のため、地方都市は観光のためと渡航先の使い分けも見事。格安航空会社(LCC)の地方都市への就航も充実している。そんな中での新元号の発表は新たな動きを生んでおり、香港メディアによると、「令和」に関連する施設の観光や「平成」グッズの購入などが盛り上がっているという。これまで文化や日常生活に関する話題が大半だった学生交流でも、日本の皇室や改元が新たなテーマになっているそう。令和の由来になった日本最古の和歌集「万葉集」にゆかりのある福岡県太宰府市なども再注目されている。

今年は日本香港観光年でもある。令和元年が両地にとって新たな一歩を踏み出す年になってくれればいい。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

常陽銀が海外初イベント、香港で食の商談会(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

キャセイ、輸出貨物処理費を2割引き下げ(12/13)

香港航空に操縦士の救済申し出、キャセイ(12/13)

富通保険、来年末までに代理人500人増員(12/13)

続伸、米金利政策を好感=香港株式(12/13)

20年の住宅供給は1.9万戸、賃料下落傾向か(12/13)

住宅価格の下落予測、56%に大幅拡大=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン