• 印刷する

テイクオフ:いまだに終息の気配を見…

いまだに終息の気配を見せないはしかの流行。保健省は6月に始まる新学期に備え、はしかの予防接種キャンペーンを強化した。世界保健機関(WHO)によると、過去12カ月の感染者数は、フィリピンは世界で5番目に多い1万9,358人。死者数は1~2月だけで200人を超えた。流行の原因は、ワクチン接種率70%未満という低さにある。

赴任前、幼少時にはしかのワクチン接種をしたかと母に尋ねると、「忘れた」との回答。病院で検査した結果、抗体値は必要とされる基準値の半分強だった。自費診療の1万円は手痛い出費だったが、無防備は危険と、はしか風疹混合(MR)ワクチンを接種した。

主治医によると、抗体が作られるまでは約2カ月。先週ようやくその期間が明け、ホッと胸をなで下した。日本でも大型連休を前に、厚労省が注意喚起をしている。うつらない、うつさない。早期の対策を徹底したい。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ファーストジェン、台湾で地熱発電検討(12:53)

国民の半数が生活見通しを楽観視、史上最高(12:10)

テイクオフ:フィリピンの選挙での票…(05/27)

法案は労働市場「破壊」 投資減退も、実業界が警鐘(05/27)

ヤマハ発、二輪車年産能力を80万台に倍増(05/27)

4月輸入車販売、全車種好調で12%増(05/27)

オリコンサル、比鉄道事業の統括室設置へ(05/27)

3月卸売物価4.8%上昇、6カ月ぶり加速(05/27)

知財局、国際調査・予備審査業務を開始(05/27)

首都住民のごみ不法投棄、罰金を検討(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン