• 印刷する

テイクオフ:いまだに終息の気配を見…

いまだに終息の気配を見せないはしかの流行。保健省は6月に始まる新学期に備え、はしかの予防接種キャンペーンを強化した。世界保健機関(WHO)によると、過去12カ月の感染者数は、フィリピンは世界で5番目に多い1万9,358人。死者数は1~2月だけで200人を超えた。流行の原因は、ワクチン接種率70%未満という低さにある。

赴任前、幼少時にはしかのワクチン接種をしたかと母に尋ねると、「忘れた」との回答。病院で検査した結果、抗体値は必要とされる基準値の半分強だった。自費診療の1万円は手痛い出費だったが、無防備は危険と、はしか風疹混合(MR)ワクチンを接種した。

主治医によると、抗体が作られるまでは約2カ月。先週ようやくその期間が明け、ホッと胸をなで下した。日本でも大型連休を前に、厚労省が注意喚起をしている。うつらない、うつさない。早期の対策を徹底したい。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスと聞…(08/11)

21年度のインフラ予算削減 かすむ看板政策、コロナが足かせ(08/11)

コロナ感染新たに6958人、計13万6638人(08/11)

1~6月の投資認可額27%減、経済区庁(08/11)

比の民主主義「危機」、著名記者が強権化に懸念(08/11)

景気刺激策、1800億ペソ規模に抑制=財務相(08/11)

50億ペソを追加拠出、出稼ぎ労働者支援に(08/11)

20年GDP、9.1%減に下方修正=フィッチ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン