種類株、7月から港股通で取引可能に

香港政府金融サービス・財務局の劉怡翔(ジェームズ・ラウ)局長は訪問先の上海で、議決権種類株式(1株当たりの議決権に差をつけた株式、別名デュアル・クラス・ストック)が7月をめどに、中国本土側から香港株式を売買する「港股通」の対象に組み入れられるとの見通しを述べた…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

電力2社、料金値上げへ 燃料費増受け、負担軽減措置も(12/12)

シアヌークビル初の大型商業施設、9日開業(12/12)

新興予防医療が展開拡大 来年は日本へ、三井物産支援受け(12/12)

本土客の保険契約、4Qは減少幅縮小へ(12/12)

AIA、財閥マックスと生命保険販売で提携(12/12)

本土の生保外資出資規制撤廃、AIAに商機(12/12)

香港株のパフォーマンス予測、中国株下回る(12/12)

各行が預金金利引き上げ、年越し需要に備え(12/12)

反発、本土保険銘柄に買い=香港株式(12/12)

不動産の印紙税収入、11月は前月比47%減(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン