種類株、7月から港股通で取引可能に

香港政府金融サービス・財務局の劉怡翔(ジェームズ・ラウ)局長は訪問先の上海で、議決権種類株式(1株当たりの議決権に差をつけた株式、別名デュアル・クラス・ストック)が7月をめどに、中国本土側から香港株式を売買する「港股通」の対象に組み入れられるとの見通しを述べた…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

2月の小売売上高、44%減 落ち込み過去最大、コロナが打撃(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

支援基金第2弾は数百億ドル規模、政府方針(04/01)

新たに32人が感染、累計714人に(04/01)

2月の外国人宿泊40%減、落ち込み震災以来(04/01)

隔離病床が飽和状態、感染者入院待ちも(04/01)

2月の住宅価格指数、2.1%下落(04/01)

1Qの中古住宅取引、成約数は25%増(04/01)

2月の住宅ローン承認額、5%減(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン