• 印刷する

通信会社の対政府債務、返済期限を再設定

カンボジア政府は国内の通信サービス各社に対し、政府への債務を5月末までに返済するよう通知した。応じない場合は事業免許の取り消しなど、厳しい措置をとるとしている。プノンペン・ポスト(電子版)が22日伝えた。

通知は財務経済省と郵政省の連名でなされた。対象は、固定やモバイルのブロードバンド業者、インターネットのプロバイダーなど。5月末を期限として「政府に対するすべての債務の返済」を要求。従わなければ、銀行口座の凍結や通信回線の遮断、営業免許や電波帯使用免許の取り消し、さらには法的措置も検討するとしている。

債務の未払いは、2000年代初めから続いている問題。カンボジア通信監督機構(TRC)報道官によると、国内の通信会社は81社。各社は毎年3月末に営業免許の手数料などを支払わねばならないが、「一部に支払い滞納があるほか、全く払わない業者もいる」という。

政府は昨年4月にも各社に対し、同月内に債務を清算するよう求めた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

後発3カ国の対日輸出14%増 1~3月、品質・輸送改善が寄与(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

〔寄り道〕その看板には「中国食堂」と…(05/24)

シアヌークビル開発、深センの使節団が調査(05/24)

不動産に値上がり余地、中国実業家(05/24)

中国、農水省にコメ輸出業者の調査要請(05/24)

太陽光発電の整備加速を提唱、業界団体(05/24)

バッタンバンとトボンクムンに高裁新設へ(05/24)

ファーウェイ制裁に懸念 スマホ利用者、サービス停止も(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン