• 印刷する

ウタパオ空港、第2ターミナルが全面開業

タイ東部ラヨーン県のウタパオ空港は、3月に第2ターミナルが全面開業したと明らかにした。5月には免税店と商業エリアが開業する予定で、1~2年以内に同空港がフル稼働する見通し。プラチャーチャート・トゥラキットの最新号が報じた。

第2ターミナルの総床面積は約2万2,000平方メートルで、旅客収容能力は年間300万~500万人。現在は主にチャーター便が発着し、年間1万5,767便、旅客数は200万人となっている。主な利用者はロシア人、中国人。今後は1~2年以内に定期便が17便増えて33便となり、旅客数が収容能力いっぱいとなる見込み。

免税店と商業エリアは、5月にプラユット首相が立ち会い、正式開業する。2エリアの総床面積は2,000平方メートル。免税店は免税店大手キングパワー・グループのキングパワー・デューティーフリーが、商業エリアは流通大手セントラル・グループのセントラル百貨店とシンガポールのDFSベンチャー・シンガポールのコンソーシアムが運営する。ウタパオ空港はこのほか1,000万バーツ(約3,500万円)を投じ、バンコクと東部パタヤの市中免税店で購入した商品を受け取る「ピックアップカウンター」を設置する計画だ。

ウタパオ空港は従来軍用で使用されてきたが、東部3県の経済特区(SEZ)「東部経済回廊(EEC)」開発の一環として商業開発が進められている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの農村を訪れるたび…(05/27)

5年ぶり国会再開、議長選出 親軍政派が協調路線で政権発足へ(05/27)

枢密院議長プレム氏が死去、実力者の元首相(05/27)

4月の新車販売、8.7%増の8.6万台(05/27)

2019年4月のタイの新車販売台数(表)(05/27)

首都空港の商業権入札、失格のマイナー抗議(05/27)

物流ノルディック、タイで拠点立ち上げ(05/27)

政府、メソト空港拡張へ土地収用予算を拠出(05/27)

首都空港の隣接開発用地、年内に入札実施へ(05/27)

一般住宅の太陽光発電、買取受付が開始(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン