• 印刷する

家計債務のGDP比低下も動向注視、専門家

マレーシアの家計債務の対国内総生産(GDP)比は2015年をピークに緩やかに低下しているが、専門家は引き続き動向を注視していく必要があると警鐘を鳴らした。22日付スターが伝えた。

サンウエー大学ビジネススクールのイー・キムレン教授は、マレーシアの家計債務の割合が他の東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国と比べて最も高く、アジア全体でも韓国に次いで2番目の高さだと指摘。家計債務の拡大は非消費支出を増やして、家計全体に影響すると説明した。

マレーシアの主要行Amバンクグループのチーフエコノミスト、アンソニー・ダス氏は「収入が不安定な都市部に生活する低所得層の個人で、高級不動産や個人消費目的で融資を重ねているケースが多い」と指摘。今年はGDP成長率が伸び悩むとの予想から、「家計債務の対GDP比上昇の懸念がある」と述べた。

家計債務の対GDP比が3年間で5%ずつ拡大した場合、GDP成長率を年1.1~1.2%引き下げると試算。家計債務の割合を低下させるには、GDP経済成長率が家計債務の伸び率を上回る必要があるとの考えを示した。

マレーシア中央銀行の統計によると、家計負債の対GDP比は、15年の88.5%をピークに、昨年は83%に下落した。家計債務の伸び率についても、過去5年間は減速傾向にあり、14年の前年比9.5%増から18年は同4.7%増まで低下している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

関税局と企業の直接対話、1月から毎週実施(01:35)

ペトロナス株取得、サラワク州が検討姿勢(12/13)

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(12日)(12/13)

日本の40社が来年に業界参入へ、ハラル公社(12/13)

鉱工業生産指数、10月上昇率0.3%に減速(12/13)

製造業売上高、10月は2.2%増の746億リンギ(12/13)

サラワク州の小規模電力網、韓国企業と提携(12/13)

ランカウイ島へ海底送電線、国営電力が敷設(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン