• 印刷する

アフリカ豚コレラ、全31省区市で発生

中国農村農業省は19日、海南省で4件のアフリカ豚コレラ発生事例が確認されたと発表した。同省でのアフリカ豚コレラ発生確認はこれが初めてで、中国本土の全31省・自治区・直轄市で発生が確認されたことになる。新京報(電子版)が21日に伝えた。

海南省で発生が確認されたのは、タン州市(タン=にんべんに瞻のつくり)の2カ所、万寧市の2カ所の養豚施設となっている。

中国では昨年8月に初めてアフリカ豚コレラの発生が確認された。最初の発生確認地は遼寧省だったが、その後全国に拡大。新疆ウイグル自治区やチベット自治区、海南省は発生確認から逃れていたが、今年4月以降に相次ぎ確認された。

中国でのアフリカ豚コレラ発生確認は、海南省での確認事例を除く今月14日時点で123件。うち豚の感染が120件、イノシシの感染が3件となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(16:43)

あおぞら銀、華興資本と業務提携(17:31)

シアヌークビルで大型施設、5億米ドル投資(12/12)

【アジアの本棚】『もっとさいはての中国』(12/12)

テイクオフ:日本の通信キャリアに勤…(12/12)

本土客の保険契約、4Qは減少幅縮小へ(12/12)

車の生産能力、過剰が深刻化 1千万台規模、販売低迷が影響(12/12)

本土の生保外資出資規制撤廃、AIAに商機(12/12)

米中協議継続へ関税延期か、農産品で隔たり(12/12)

中国向けマンゴー輸出解禁へ、最大市場に期待(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン