• 印刷する

アフリカ豚コレラ、全31省区市で発生

中国農村農業省は19日、海南省で4件のアフリカ豚コレラ発生事例が確認されたと発表した。同省でのアフリカ豚コレラ発生確認はこれが初めてで、中国本土の全31省・自治区・直轄市で発生が確認されたことになる。新京報(電子版)が21日に伝えた。

海南省で発生が確認されたのは、タン州市(タン=にんべんに瞻のつくり)の2カ所、万寧市の2カ所の養豚施設となっている。

中国では昨年8月に初めてアフリカ豚コレラの発生が確認された。最初の発生確認地は遼寧省だったが、その後全国に拡大。新疆ウイグル自治区やチベット自治区、海南省は発生確認から逃れていたが、今年4月以降に相次ぎ確認された。

中国でのアフリカ豚コレラ発生確認は、海南省での確認事例を除く今月14日時点で123件。うち豚の感染が120件、イノシシの感染が3件となっている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

首都西部の高速道建設、中国勢が過半受注へ(05/24)

華為への米制裁、長期的に好機との見方も(05/24)

ダム計画、他国により推進妨げ=中国大使(05/24)

シアヌークビル開発、深センの使節団が調査(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン