• 印刷する

サムスン傘下のハーマン、BMWなどに供給

サムスン電子が2017年に買収した米自動車部品大手ハーマンインターナショナルが、独BMWなど完成車メーカーと製品供給契約を相次ぎ締結している。サムスンが未来事業の柱と位置付ける電装品事業に弾みがつくと期待される。19日付ソウル経済新聞などが伝えた。

サムスンによると、ハーマンはBMWや中国の長城汽車に車載インフォテインメント・モジュールを供給する。インフォテインメント・モジュールはチューナーによる電波の受信やオーディオ再生、ナビゲーションなどの機能を集約したもの。また、中国の北京汽車集団傘下の北京新能源汽車(BJEV)とは、複数のディスプレーを備え、ナビゲーションや速度メーターなどの情報を一覧表示する「デジタルコックピット」を供給する契約を結んだ。

サムスンは人工知能(AI)、第5世代(5G)移動通信、バイオ、電装を未来事業の4本柱として、今後3年間で25兆ウォン(約2兆4,600億円)を投じる計画だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国はカフェ天国だ。街…(05/27)

隔週4日も、進む働き方改革 中小との格差拡大も(05/27)

在日韓国企業53%「悪影響」、日韓関係悪化(05/27)

サムスン電子副社長2人が逮捕、粉飾決算で(05/27)

2年目有給手当、企業負担に=労基法改正後(05/27)

公取委、中堅企業に「公正な経済」呼びかけ(05/27)

スマート工場化の中小企業、生産性30%向上(05/27)

韓国政府、ICT企業の越進出を積極支援(05/27)

「モビリティーに全力」、現代自の鄭副会長(05/27)

韓国IT企業が進出、システム構築提供へ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン