• 印刷する

サムスン傘下のハーマン、BMWなどに供給

サムスン電子が2017年に買収した米自動車部品大手ハーマンインターナショナルが、独BMWなど完成車メーカーと製品供給契約を相次ぎ締結している。サムスンが未来事業の柱と位置付ける電装品事業に弾みがつくと期待される。19日付ソウル経済新聞などが伝えた。

サムスンによると、ハーマンはBMWや中国の長城汽車に車載インフォテインメント・モジュールを供給する。インフォテインメント・モジュールはチューナーによる電波の受信やオーディオ再生、ナビゲーションなどの機能を集約したもの。また、中国の北京汽車集団傘下の北京新能源汽車(BJEV)とは、複数のディスプレーを備え、ナビゲーションや速度メーターなどの情報を一覧表示する「デジタルコックピット」を供給する契約を結んだ。

サムスンは人工知能(AI)、第5世代(5G)移動通信、バイオ、電装を未来事業の4本柱として、今後3年間で25兆ウォン(約2兆4,600億円)を投じる計画だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/14)

ダイトーキスコの工場で火災(12/13)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

韓国系LVMC、地場GMSの全株式を取得(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

対馬の韓国人客4割減、島内消費33億円減か(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン