• 印刷する

地方議会選、選挙活動期間は来月17~24日

カンボジア国家選挙管理委員会は19日、5月26日に実施予定の首都・州・区・市・郡の議員を選ぶ地方議会選挙で、選挙活動期間を17~24日に定めたと発表した。選挙活動で街中などを行進できるのは2回までとなる。

各政党は正午から午後2時までは選挙活動を中断する必要がある。選挙活動は投票日の24時間前に終了しなければならない。

今回の地方選挙には7政党が参加し、首都の559議席、その他の3,555議席を競う。コミューン・サンカット(地区・町)選挙で選出された地方評議会議員1万1,572人による間接選挙で、投票所は228カ所設置される見通し。

最大野党だったカンボジア救国党が解党されたため、与党・カンボジア人民党の圧勝が予想される。地方評議会議員の大半は人民党の議員が占める。こうした事態に懸念の声も上がっている。

米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、救国党の元党員で北西部バッタンバン州在住の男性は、「与党人民党1党による選挙に等しく、法的な正当性はない。国家予算の無駄遣いだ」と非難する。南部カンポット州の村では、村民の1人が「野党不在の状態では、カンボジアが前進するのは難しい」と話す。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

新輸送基本計画、来年半ばに策定完了(12/06)

シアヌークビルに監視カメラ、600台設置へ(12/06)

大型複合施設ピーク、請負業者を変更(12/06)

南部カンポットで高級別荘、地場・仏合弁で(12/06)

アンコール遺跡群収入、1~11月は14%減(12/06)

新韓銀行、カンボジアで電子決済サービス(12/06)

ビッグC、店舗増設などに来年は230億円(12/06)

越からのFDI、1~11月は4.6億ドル(12/06)

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン