• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕未申告だと観光ビザ取り消しも?17日から

連邦政府はこのほど、移民法を一部改正し、観光ビザでオーストラリアに入国する際、禁制品を持ち込もうとしたり、事前申告しなかった場合、税関職員にビザを取り消す権限を与えることを決めた。17日から施行される。公共放送SBSが伝えた。

新規制によれば、入国時にオーストラリアへの持ち込みが禁じられている物品を申告しなかった場合、税関職員は観光ビザの期間を短縮したり、取り消したりすることができるという。

オーストラリア国境警備隊(ABF)は、何を輸入でき、何を輸入できないのかについてオーストラリアは厳しい規則を定めているとした上で、新規制はバイオセキュリティーを違法にかいくぐろうとした場合などに、税関の意思決定者に観光ビザを取り消す権限を与えるものだと説明。ルールに従わずに観光ビザが取り消された場合、よほどの理由がない限り、以降3年間はビザ取得ができなくなると説明している。

SBSは、メルボルン空港に到着したインド人学生の荷物の中に申告用紙に書かれていなかった「チキンピクルス」の瓶が入っていたことから税関職員にとがめられた事例を挙げている。このような状況で、申告せずに持ち込もうとした物品がバイオセキュリティーに違反した場合、最悪のケースではビザが取り消されることになる。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの駅構内に人だ…(12/13)

豪大手企業、3割が納税ゼロ 国税局の年次報告書(12/13)

NSW財政、消費税収減少で黒字額下方修正(12/13)

QLD財政、貯蓄増加も石炭価格低下で圧迫(12/13)

VIC警察、賃上げ求め16日から争議行為(12/13)

〔政治スポットライト〕豪とインド、軍事支援協定締結へ前進(12/13)

安売りハリススカーフ、身売り直後に破綻(12/13)

フィンテック企マネーミー、ASXに上場(12/13)

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(12/13)

豪政府、防疫費用回収で1月に輸入税引上げ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン