リオ・ティント、鉄鉱石輸出量を下方修正

英豪資源大手リオ・ティントが16日、2019年第1四半期(1~3月)の生産結果を発表し、鉄鉱石の2019年輸出量を3億3,800万~3億5,000万トンから3憶3,300万~3億4,300万トンに下方修正した。同期の鉄鉱石輸出量も6,910万トンと、前年同四半期比14%減となった。オーストラリア・…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーの駅構内に人だ…(12/13)

豪大手企業、3割が納税ゼロ 国税局の年次報告書(12/13)

NSW財政、消費税収減少で黒字額下方修正(12/13)

QLD財政、貯蓄増加も石炭価格低下で圧迫(12/13)

VIC警察、賃上げ求め16日から争議行為(12/13)

〔政治スポットライト〕豪とインド、軍事支援協定締結へ前進(12/13)

安売りハリススカーフ、身売り直後に破綻(12/13)

フィンテック企マネーミー、ASXに上場(12/13)

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(12/13)

豪政府、防疫費用回収で1月に輸入税引上げ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン