ライナスがマで増産、日本向けに備蓄方針

オーストラリアのレアアース(希土類)生産大手ライナスが、放射性廃棄物が発生することで問題化しているマレーシア工場の今年第1四半期(1~3月)の希土類酸化物生産量が5,444トンと、過去最高となったことを明らかにした。同工場操業ライセンスを巡り同国政府との交渉が暗礁に…

関連国・地域: マレーシアオーストラリア日本
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが家は集合住宅の3階…(12/10)

西シドニー新都心、区画案公開 インフラ課金詳細は年内に発表も(12/10)

シドニー南西部貨物ハブ、政府が売却計画か(12/10)

豪小売り業界、クリスマス売上増見込めず(12/10)

伊藤忠、QLD炭鉱事業の権益取得か(12/10)

豪家庭の電気代7%低下へ、再生エネ増で(12/10)

12日の英国選挙、結果は豪企業に影響(12/10)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、与党が42%と支持拡大(12/10)

2020年民間保険料上昇率、19年ぶりの低水準(12/10)

フィンテックのタイロ、上場初値20%高(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン